風俗をやめたいけど…、引き止められる、他の仕事につきたいと悩む方に対処法を調べました。

ムスメ大学

こんにちは、ムスメコネクト運営です。

風俗はいうまでもなく、大変なお仕事ですよね。

ふとした時に「風俗やめたい」と思うこともあるかもしれません。

そして、「他の仕事につきたい」とも思うでしょう。

そんな時、ベテランの風俗の方はどんな風に対処しているのかを調べてみました。

今悩んでいる方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

風俗をやめたいと思うのはどんな理由ですか?

まず、あなたが風俗をやめたいと思うのはどんな理由ですか?

  • 辞めたいのに引き止められる
  • 稼げないからやめたい
  • やめたいけど次の仕事が見つからない、何をすればいいのかわからない…
  • やめたいけどずるずると働いてしまう
  • 病んだから

上記の理由がほとんどではないでしょうか。

それぞれどの理由でも、真剣に悩まれているのでしょう。

このような悩みは決して悪いことではありません。

それぞれの悩みの乗り越え方のアドバイスを次から説明します。

風俗をやめたいのにお店に引き止められて困ってる人は、「昼職が決まった」と言って円満に退店するのがおすすめ

売れっ子は「風俗をやめたい、今のお店をやめたい」と思っていても引き止められることがよくあります。

引き止められるとはいかなくても「今年いっぱい頑張ってみませんか」など期限を決められることもあるでしょう。

それでもやめたい!ずるずるは嫌だ!と思うのでしたら次のような嘘の理由を使いましょう。

  • 精神的に限界
  • 親や友達に身バレした
  • 結婚するから、昼職を始める

これらが一般的に使われる辞める理由ですが、あまりおすすめしないのは「身バレした」ということです。

「じゃあパネルを下げましょう」で話が終わってしまいます。

おすすめは「結婚して昼職で働くので、時間がありません」ということです。

これ以上この子はお店にいれないなと思われる可能性が高いです。

稼げなくなって風俗をやめたいと思う人は、前向きに移籍を考えてみるのがおすすめ

稼げなくてお店を辞めたいのであれば、店を変えるだけで解決する場合があります。

あなたのコンセプトに合っていないことや、店の集客力が弱いということも考えられます。

稼げないから、風俗自体をやめよう!では、また戻ってそのままズルズルといってしまう可能性があるので、この場合は前向きに移籍先を探すのが一番です。

移籍先を探すには、ムスメコネクトで口コミのいいお店を選ぶのがおすすめです。

風俗をやめたいのにずるずる働いている人は目標を決めるのがおすすめ

やめたいけどずるずると風俗で働いてしまうと悩んでいる方は、目標を決めて、達成するまで頑張ってみるのがおすすめです。

例えば、1000万以上貯めて辞めるとか、夢を考えるといいでしょう。

結局、お金がたくさん稼げるのが風俗の大きなメリットです。

貯金が苦手な人は端数の1000円札貯金をしたり、お客さんからのチップは使わないのもおすすめ。

そして、風俗を辞めて仕事を変えたとしたら、生活水準を下げなければいけないことがほとんどです。。

そこでおすすめなのは社会復帰の練習のため、昼職でバイトを始めてみることです。

風俗と昼職で半分半分にして、金銭感覚や生活水準を少し下げる練習を始めてみましょう。

風俗をやめたいけど、次の仕事をどうしたらいいのかわからなくて悩んでる人は、ひとまず次の仕事への準備がおすすめ

やめたいけど次の仕事が見つからず悩んでいる方は、社会復帰のため計画をすることから始めることがおすすめです。

例えば働きたい職種のため資格をとったり、職業訓練に通ってみたり。

ゆっくりゆっくり準備をして、計画的に風俗を上がりましょう。

計画をせずにいきなり風俗を辞めてしまった場合、すぐに風俗に戻ってしまって病むのサイクルを繰り返してしまいます。

風俗で病んでしまった時のおすすめの8つの対処法

風俗で病んでしまって今は辞めるタイミングじゃないのに…と悩む方に、8つの対処法を紹介します。

1. 札束を見る

風俗嬢のいいところはお金を稼げること!

病んだら、お金を見て心を落ち着けましょう。

諭吉は裏切らない‥!

2. とりあえず出勤 諭吉を見る

どうしても出勤したくない日もありますよね。

そんな時に、おすすめなのは「諭吉に会いに行こう」に考えを変えることです。

諭吉は正義。

3. ちょっと休むことも必要

病んでしまった…と感じたら、「最近休んでる?」と自分に問いかけてみてください。

休めていないこともあるかもしれません。

しっかり休んで、寝る!とても大切なことです。

4. 自分の時間を作る

仕事ばっかりになっていませんか?

自分の時間を作ることに意識を向けてみましょう。

5. 旅行に行くなどストレスの発散

自分のストレス発散を覚えることはとても大切です。

「自分はこれとこれとこれをすればスッキリする」と覚えておくと、病んだ時の立ち直りが早くなります。

6. 同じ業界の子に愚痴る

やっぱり話がわかってくれる友達に愚痴るのが一番共感してもらえますよね。

同業者の友だちはSNSですぐに見つかります。

助け合いの精神で愚痴りながら乗り切りましょう。

7. いいお客さんに当たると癒されることもある

お客さんでモチベーションが変わることもあります。

よくないお客さんが続いてもふと、いいお客さんが来ることもあります。

いいお客さんに癒されること間違いなし。

まとめ

風俗で働くうえで「やめたい」と思うことはよくあることです。

毎回が深刻で、心のSOSのサインだと思います。

しかしたくさんお金を稼げるだけになかなか辞められない人もいるでしょう。

ズルズルと働くのは嫌だと思う方もいます。

ですので、ムスメコネクトからのアドバイスは、しっかり休んだうえで、どうしても辞めるのであればしっかりと準備をしてから辞めることをおすすめしています。

稼げないからやめたいと思う方は、お店選びをぜひ「ムスメコネクト」で見直してみてくださいね。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました