クソ客って何?対処法と風俗で体験したクソ客エピソードを紹介!

ムスメ大学

こんにちは!ムスメコネクト事務局です。

風俗ソープで働いていると、必ずと言っていいほどクソ客に当たりますよね。

この記事ではクソ客の定義やよくいるクソ客の例を紹介します。

くわえて、実際に体験したありえないクソ客エピソードや、対処法についても解説するためぜひ参考にしてみてください!

ムスメコネクト公認店の求人
【PR】ムスメコネクト公認店の求人

土浦ゴッド
茨城・箱ヘル
応募はこちら

風俗・ソープでのクソ客って何?

「クソ客」とは名前の通りクソな客のこと!

クソ客」とは名前の通りクソなお客様のことを意味します。

具体的にいうと「自分の思い通りにしたい!」というお客様や「女の子は道具だから乱暴にしてもいい!」というお客様ですね。

上記に当てはまらなくても、女の子が接客をしていて「クソだな」と感じるお客様はクソ客に当てはまります!

よくいるクソ客15選を紹介

風俗やソープで見かけるクソ客を15種類紹介します。

  1. 本番なしの風俗で本番行為を強要する
  2. 体臭や口臭など、とにかく臭いがきつくて不衛生!
  3. 女の子を傷つけるような言葉を使う
  4. ベッドに押し付けたり顔を叩いたりなど、女の子を乱暴に扱う
  5. 女の子の裸を盗撮する
  6. S着(ゴムを着ける)のお店なのに生での挿入を強要する
  7. 時間を惜しんでプレイ前のシャワーを拒否する
  8. 女の子が気持ちよくなっていると勘違いして、激しく動かす
  9. 自分の快楽を優先して、無理やりイラマチオをする
  10. お金を使いたくないから、外で会おうとしつこく誘う
  11. 女の子にガチ恋する
  12. 女の子が好きなあまり、ストーカー行為をする
  13. どうでもいい連絡がたくさん送られてくる
  14. お店に行くと言いながら、実際には全く来ない
  15. とにかくキモイ!(何がとは言えないが、生理的に受けつけない人もいます…)

クソ客の対処法とは?

禁忌行為にはしっかり怒ってOK!

挿入禁止のお店で挿入を強要してきたり、S着店でゴムなしを強要してきたりする禁忌行為には、しっかりNOと言いましょう!

最初は「ダメだよ~」とやんわり断りますが、相手が諦めない場合は自分の身体を動かして逃げます。

それでもしつこいクソ客にはしっかりと怒りましょう。

禁忌行為をする相手が悪いので、怒ったとしても女の子に問題はありません。

ほとんどのお客様は怒ればやめてくれますが、それでもダメな場合はお店のスタッフに連絡してください!

少しの暴言・乱暴は我慢も必要

暴言や乱暴をするクソ客は、相手をするだけでも精神的に疲れますよね。

しかし、相手は女の子にしか強く出られないちっぽけな人なのです。

また何か言ってる~」程度に聞き流しましょう。

ただ、あまりにひどい暴言や暴力であれば、迷わずお店に連絡して助けてもらってください。

盗撮はすぐにお店に連絡しよう

盗撮はすぐにお店に連絡しましょう!

2人きりのときに指摘しても、撮ってないの一点張りで逃げられてしまいます。

クソ客はよく「他の女の子は撮らせてくれる」などと言いますが、そんなことは絶対ありません!

自分を守るためにも、必ずお店に連絡してください。

主導権を握って嫌なプレイを回避!

自分勝手な無理やりプレイをしてくるクソ客は、主導権を握って回避しましょう!

ここが気持ちいい」と痛くないところに誘導したり、「わたしが攻めたくなっちゃった」と攻守を交代したりすると、スムーズに進めますよ。

何度言っても変わらないクソ客には「少し痛いかも…」と正直に言うのもアリです。

また、時間がもったいないからとシャワーを浴びないクソ客には「イチャイチャしたい」と甘えて、シャワーを促しましょう。

それでも拒否する場合は、このお店ではシャワーを浴びないとプレイができないとハッキリ伝えて大丈夫です!

ガチ恋愛やストーカーからは逃げるべき

ガチ恋愛ストーカーからは絶対に逃げましょう!

NGにして改善されればいいですが、最悪お店をかえる必要もあります。

ただ、軽いガチ恋程度であれば「今は忙しくてそこまで考えられないの」など、男心をくすぐる返事でやんわり断りましょう

とにかくキモイ人には耐えるしかない!

会った瞬間からキモイ!」「とにかく生理的に無理!受け付けない!」という場合もありますが、この場合はひたすら耐えるしかありません

終わったあとにストレスを発散させて、クソ客のことを綺麗に忘れましょう!

実際に体験したクソ客エピソード

ここでは実際に体験したクソ客エピソードを紹介していきます!

クソ客のなかでも群を抜いたクソ客を紹介するため、心して見てくださいね。

  • 部屋に入った瞬間から、女は言うことを聞けばいいと罵倒されました。
    罵倒に耐えられなくなって拒否すると、さらに機嫌が悪くなる悪循環。
    収集がつかなくなって、その日は泣く泣く耐えました。
  • 毎日連絡がきて写真をねだられました。
    行く行く詐欺を5回ほど繰り返したあげく、プライベートのSNSを教えてくれたら行くと言いだして…。
    相手にしているのが馬鹿らしくなり、ブロックしました!
  • ロングで180分間永遠に攻められて、体力的にも精神的にも死ぬかと思いました。
  • S着(ゴムあり)のお店なのに、バックで挿入している間に無断でゴムを外していた!
  • ガッツリ頭をつかんでイラマチオ。もちろん吐きました。
  • 最寄り駅で「○○さんだよね!」と話しかけてきた客がいました。
    尾行されていたのか家に帰ると「お帰りなさい」と連絡が。
    さすがに怖くてお店を変えて引っ越しました。

クソ客の回避法はあるの?

クソ客はどこにでもいる!

お客様の支払額が多くなるほどクソ客は減ります。

しかし、どこにいってもクソ客は必ずいます!

耐えられる場合は耐えた方が良いですが、あまりにも酷い場合はお店に電話して助けてもらいましょう。

また、プレイに関するクソ客には、早くフィニッシュさせて賢者モードに入ってもらう方法もありますよ。

クソ客はとにかく忘れることが大事

クソ客に当たったときは、すぐに忘れたり楽しいことをしたりしてメンタルを保ちましょう!

クソ客で稼いだお金を見て、「クソ客=諭吉」と捉えるのもアリですよね。

どれほど容姿が整っていても、クソ客を好きになることはありません。

クソ客との仲をどうにかしようと頑張るのではなく、忘れる方向に力を入れましょう!

  • とにかく忘れる!
  • 諭吉を見て気を紛らわせる
  • お酒を飲む
  • 友達と遊んで発散する
  • SNSに書き込んで憂さ晴らしする
  • とにかく寝る!

まとめ

今回は風俗やソープに現れる「クソ客」について解説しました!

どれだけ高級店で働いたとしても、やはりクソ客には当たるものです。

お店のルールに従えない人にはしっかりと怒り、ときにはスタッフを呼んで対応してもらってくださいね。

稼げるお店やよく回っているお店探しは、リアルな口コミが集まるムスメコネクトをぜひご活用ください!

タイトルとURLをコピーしました