風俗スカウトは危険!?スカウトをつかうメリットとデメリットをまとめました。

ムスメ大学

こんにちは、ムスメコネクト運営です。

風俗で働くにあたって大切な【お店選び】ですが、皆さんはどのようにして選ばれていますか?

いろんな方法がありますが、ネットで自分で探すか、スカウトマンを頼ることがほとんどなのではないでしょうか。

結論から書くと、ムスメコネクトのスタンスとしては…スカウトマンを頼ることはあまりおすすめしていません。

出稼ぎが多い方などは担当スカウトマンがいてよかった!とおっしゃられる方もいますが、それ以上にスカウトマンとのトラブルをよく聞くのも事実です。

この記事ではスカウトを使うメリットやデメリット、実際に起こったトラブルなどを紹介します。

風俗スカウトってどんな人?

風俗スカウトとは、女の子を夜のお店に紹介する人のことを指します。

ほとんどのスカウトが個人で営業しているわけではなく、スカウト会社に所属しています。

風俗スカウトは女の子をお店に紹介すると、お店から「紹介料」としてバックが入ります。

このバックの金額の入り方はさまざまですが、

・キャストが働くたびに毎回、キャストの給料に合わせたバックがスカウトのもとに入る。

・紹介した女の子がついた本数によってバックが入る

・継続ではなく、スポット的に紹介料がバックで入る

などさまざまなパターンがあります。

風俗スカウトにはどんな人が多い?

風俗スカウトという仕事自体に、資格はありません。

いわば誰でもなれる職業です。

多いのはチャラいノリの人で、大学生や元ホスト、フリーターが多いです。

どちらかといえば硬い、真面目な仕事というわけではないので、いい人もいれば半グレのような人もいるのが正直なところです。

たくさんの女の子を見ている経験から、女の子の相談に親身になって聞いてくれたり、面倒見のいいスカウトももちろんいます。

そんな稀にいる「いいスカウト」は女の子と長くクライアント関係が続いたり、プライベートで食事に行って近況報告をする…ということもあるそうです。

どんな仕事を紹介してくれる?いいお店を紹介してくれる?

スカウトは主に

  • キャバクラ
  • ソープ
  • デリヘル
  • AV
  • 交際クラブなどのパパ活

 

の紹介をしてくれます。

スカウトに条件を言って「こんなお店で働きたい」といえば、すぐに探してくれるのが大きなメリットです。

しかし、スカウトが全員が全員いいお店を紹介してくれるわけではないので注意が必要です。

風俗スカウトとはどうやって出会う?_

風俗スカウトとの出会い方は簡単で、繁華街を歩けば声をかけてくる人がスカウトです。

そして、最近はスカウトがSNSで集客していることも多いのでネットですぐに知り合うこともできます。

いい知り合い方は、街で声をかける人に頼むのではなく、友達がおすすめするスカウトを使うことです。

スカウトは後ほど説明しますが、嘘を平気でつく人が多くいます。

ですから、友達が「いい」と言っている以上の良い情報はありません。

風俗スカウトを使うことのメリット

風俗のスカウトを使う大きなメリットは、自分でお店を探さなくても、ある程度の年齢で体型で雰囲気で店候補を出してくれることです。

また、いきなり知らない土地に行くような出稼ぎに関しても、他府県の知識をたくさん持っているスカウトがいれば、少し安心できます。

スカウトと仲良くなれば、仕事の相談もできたり、孤独に戦うことはないかもしれません。

風俗で働いていると、「今以上に稼げるようになりたい」といったステップアップの時期が来ることもありますが、そんな時でも担当スカウトがいれば親身になって聞いてくれるでしょう。

スカウトと揉める場合はどんな時?

スカウトには良い面だけではありません。

スカウトでよく聞くのは「金銭トラブルの多さ」です。

特に揉めるとしたら。出稼ぎの場合です。

出稼ぎになると、キャストにとっては知らない土地ですし、前情報をほとんど持っていません。

それを良いことに「寮が綺麗」「バックがいい」などを言って出稼ぎを押してきますが、いざいってみたら真逆だった…なんてパターンも少なくありません。

また、出稼ぎに関して一番多いトラブルは「交通費」「保証負担」です。

まず、交通費ですが、スカウトが出稼ぎに女の子をいかせたいがために「交通費を負担します!」と言うのですが…、後から待っても待っても振り込まれなかったと言うケース。

次に、「保証割れした分を負担します」と言っていたにもかかわらず、スカウトから支払われないなど…。

行かせたいがための嘘が多いのです。

TwitterなどのSNSにはよくこのようなトラブルが書かれていますよね。

風俗スカウトを使うデメリット

スカウトのメリットは「頑張りましょう」と言ってくれる精神的な支えやいいお店を紹介してくれると言うことですが、

頑張りましょうという言葉は、働かせたいがための言葉で、いいお店を紹介してくれるとは限りません。

そもそも路上スカウトは違法であり、スカウトマンのバックは半グレ・ヤクザ集団ということは珍しくなく、決して治安がいい人たちではありません。

スカウト会社が摘発されたり、違法風俗を平気で紹介されたり、ニュースに取り上げられうような事件もあるので、いつ巻き込まれるかわからないリスクもあります。

風俗スカウトとの実際にあったトラブル

風俗スカウトとの実際にあったトラブルを現役風俗嬢の方に聞くと、こんなエピソードが出てきました。

A子さんはスカウトに「1週間出稼ぎで毎日7万円保証で50万円、交通費も出るので行きませんか?」と声をかけられました。

保証はスカウトが言っているものなので、スカウトが保証額に満たない場合は補填し、交通費もスカウトもちという話でした。

「バックは60分12000円で大丈夫ですが、お店の方が面接で体重測定や外見のことでバックを落とす可能性もありますが、〇〇さんなら大丈夫です」の言葉をA子さんは信じてしまいました。

出稼ぎ先に着くと、お店から言われたバックは「60分8000円」。

しかもお客さんが全然つきません。

毎日稼げて3万円ほど。

スカウトに「話が違う」と言うと「後日保証割れしている分と交通費はお支払いするので頑張ってください」のみ…。

結局最後まで出稼ぎの1週間で50万に届かなかった補填もされず、交通費も支払われず、スカウトと連絡も取れない状況に…。

A子さんはスカウトに全て騙されていたという酷すぎるエピソードです。

風俗スカウトはおすすめではないので、自分の目で口コミをチェックしてお店選びをするのがおすすめ。

結論、何度も言いますが、スカウトは出稼ぎに頻繁に行く人以外、おすすめしません。

自分の目で、口コミをみたり、友達のおすすめのお店などを聞いたり、いいお店を探すのがベストです。

その際に役立つのが、「ムスメコネクト」であることは言うまでもありません。

間に入ってもらうことは一見便利に感じることもあるかもしれませんが、人を介して伝言ゲームになる分、ミスも増えます。

そして、一番は嘘が増えます。

どんなことがあっても自分のせいだと思えるように、少し勇気を持って、自分でお店選びを頑張ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました